ブルゾンちえみ本名と父親は?谷間はGカップ?ネタは一発屋で終わるの?

ブルゾンちえみさん、本名は「藤原史織」さんらしいです!いかにも、知的で、少し古風で、ブルゾンちえみさんにお似合いなご本名ですね。 そして、今では日本中で知らない人のいないともいえるこの「ブルゾンちえみ」芸名の由来は、ブルゾンちえみさんが「初めて」無料ライブをしたときに、初対面だった同じ事務所の女芸人さんに3秒でつけてもらったそうです!命名者と言われている女芸人の「はなしょー」さんは、「(昭和に活躍した)ブル中野さんのネーミングをイメージした」という話です。

ブルゾンちえみさんは島根大学教育学部に3年生まで通われたそうです。小学校の教員だったお父様の影響で、かつては教職を目指していたそうです。しかし経歴が国立大学とは、やはり知的な印象を裏切りませんね!ですが高校時代の成績は常に学年トップだったのですが、第一志望の大学には面接試験で不合格となるなど、人知れず苦労もされているようです。ちなみに島根大学を3年生で中途退学の理由は、「ペットのハムスターが死んでしまったから」との事です、こんな愛情溢れる一面も持ち合わせているのですね。

島根大学の後は、東京でワタナベエンターテイメントのタレントコースに進学されたのがキャリアの初めです。元々は地元岡山で劇団に所属していましたが、「自分には向いていない」と思い、エンターテイメントの道を目指されたそうです。ブレイクしたきっかけは、2017年1月1日放映の「ぐるナイ!おもしろ荘」とのことで、意外にも、最近ですね。おかずクラブ、日本エレキテル連合もこの番組から売れ始めたようで、エンタメ芸人の登竜門のようなところになっています。2018年3月には「おかやま晴れの国大使」に就任され、故郷に見事に錦を飾りました!

ブルゾンちえみさんの私生活ですが、もちろん彼氏はいるようです。ですがその遍歴は、グローバル!お付き合いされた彼氏はいまのところ「全員」ネパール国籍の方のようです。なれそめはアルバイト先のネパール料理店とのことでしたが、ネパールの方と「ダサイン」というお祭りの儀式を一緒にしたり、本格的なも国際交流だったようです。例えば、米に食紅とヨーグルトを混ぜたものをおでこにつけたりするようです。

ブルゾンちえみさんいわく、ネパールの方と仲良くなる秘訣は、お店に来たお客さんに「パニー(水)」とお水のお代わりを間髪入れずに差し出すことのようです。なぜならネパールという国は慢性的な水不足に苦しんでいる国なので、水のありがたみが身に染みるようです。また「地震、大変だったね」と2015年4月25日のネパール大地震を労わる声をかけると思いやりを喜んでくれ、すぐに仲良くなれるそうです。

このような恋愛経験のおかげで、ブルゾンちえみさんは「ネパール人とインド人とスリランカ人を目視で見分けることができる」という特技ができたそうです。ネパールの男性は「色が白くてふくよかな女性」が好みのタイプだそうです。もしかしてネパールの男性達にとってブルゾンちえみさんは、まさにどストライクなのでしょうか?

ブルゾンちえみさんはファッションデザイナーのコシノジュンコさんに憧れていたそうです。いまでは念願かない、コシノさんのバースデーパーティーに赴いたブルゾンちえみさんはなんと、「メークも髪形もチャーミングね」とコシノジュンコさんに直々のお褒めを頂いたとか?!いまではコシノジュンコさんの妹さんのコシノミチコさんと共演をおこなったりしています。

谷間はGカップ?

そんなブルゾンちえみさんの胸は「Gカップ」だと言われています。24時間テレビチャリティーマラソンの練習などで以前よりシャープになられたのですが、胸のサイズは変わらず・・・と、羨ましいプロポーションを維持されています。 身長は155㎝ 体重は約60㎏との事です。 身長に比例して体重が割とあるのは意外に筋肉質なのかもしれませんね? 実は中長距離走を10年近くも続けていた過去があるそうです。 岡山市立上道中学校時代は、NTT西日本の馬場翔太選手と一緒に練習をしていたそうです。ブルゾンちえみさんはかつては体重40㎏程度とどちらかといえばかなり細い部類でした。それが陸上をやめた事が原因なのか?お笑い界への転身がストレスになったのか?急激に体重が増えてしまったそうです。

ネタは一発屋で終わるの?

2017年の1月に~『女のイヤはイヤじゃない』というネタがセクハラを喚起するネタだと問題視されたようです。難しい時代になりましたね~ いずれにせよ、鮮やかな「35憶」のネタを超えていくには、さすがのブルゾンちえみさんも苦戦をされていることは確かです。また実は、既にブレイクしたネタの中にもパクりという噂がありました。『花は自分からミツバチを探しに行きますか? 探さない、待つの』等の箇所が、某占い師さんの著書から引用されているという話です。個人的には、「ミツバチは花に集まる」という事実は不変の真理で、著作権等はなさそうな気がするのですが・・・ブルゾンちえみさんのおかげで、ミツバチに興味を持ったので調べてみました。

ミツバチが蜜源(蜜が採れる場所)を見つけると、それが採れ切れるまで集中して採る習性があることと、もう一つは、お互いに蜜源の場所・位置を教え合うからです。Waggle Dance (ワッグルダンス)と呼ばれる「8の字ダンス」で距離と方向を教え合うのです。だから一つの花の蜜が集まると云うことです。

ミツバチの働きバチは受精卵から発生する2倍体(2n)であり全てメスである。通常メスの幼虫は主に花粉と蜂蜜を食べて育ち働きバチとなるが、働きバチの頭部から分泌されるローヤルゼリーのみで育てられたメスは交尾産卵能力を有する女王バチとなる。オスは未受精卵から発生する1倍体(1n)であるが、巣の中では働き蜂に餌をもらう以外特に何もしない。働きバチに比べて体が大きく、働きバチや女王バチよりも複眼と単眼が非常に発達していることが外見上の特徴である。オスバチを指す英語「drone」は「なまけもの」の意味である。

オスは女王バチ交尾するため、晴天の日を選んで外に飛び立つ。オスバチは空中を集団で飛行し、その群れの中へ女王バチが飛び込んできて交尾を行う。オスバチは交尾の為の射精後に速やかに死亡し、新女王蜂はこの死体をぶら下げてしばらく飛翔するがやがて交尾器がちぎれて雄蜂の死体は落下する。新女王蜂は体内に残った交尾器を排除して再び雄蜂の群れに向かい交尾を行う。この配偶行動が幾度か繰り返されて新女王蜂の体内に一生の間で使用されるだけの精子が蓄えられると巣に帰還し産卵を開始する。アリ科やスズメバチ科の社会性昆虫の多くで生涯交尾回数が一度だけで一個体の雄としか交尾しないのと好対照である。交尾できなかったオスも巣に戻るが、繁殖期が終わると働きバチに巣を追い出される等して死に絶える。

毒物への耐性は弱く、ショウジョウバエの半分程度という

セイヨウミツバチの成虫の寿命は、女王蜂が1-3年(最長8年)、働き蜂が最盛期で15-38日、中間期は30-60日、越冬期が140日、雄蜂は21-32日である

これからもブルゾンちえみさんを応援していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)