【営業マニュアル】4~6、アポイント逆説、具体戦術、これからのこと

Pocket

4:正しいアポイントの取り方
1のカテゴリーでもお話しましたが
なぜ、『商品を買わなければいけないのか』
という部分を考えなければいけません。
商品を買いたい人のメカニズムとして
何かに困っている→解決したい→これなら解決できるかもしれない→必要だから買う
という流れになります。
営業で大事なのは
相手に必要だと気づかせることです。
あなたの悩みはこの商品があれば
解決できるので必要になりますね。
というのが伝われば
売れます。
さらっと
お伝えしましたが
悩みがあることが前提なんです。
悩んでいない人にはどんなにいいモノでも売れることはありません。
5:これが正解!契約を取るための手札の切り方を間違えない手順
では
正しく伝わる営業のマニュアルをお伝えします。
1:商品があることでどんな悩みを解決することができるのか
  どの年齢層が一番多く抱える悩みなのか
2:悩みに対しなぜこの商品が解決できるモノになるのか
  根拠を提示、まずは悩みの根源を分析したあとに
  商品の根拠ではなく悩みが解決できる根拠を出す。
  つまり、商品の効果を伝える
3:商品の効果のよさが伝わったら
  この商品が何なのかを説明する。
  ここでようやく商品の説明に入る。
4:お客さんのリアクションを聞く
  基本、会話ベースなので相手に一方的に伝えると
  相手は欲しがらなくなる、興味があることを知るためにも
  反応を見て注目度を図る、相手の疑問に答えていく
5:もう一度、この商品があることでのメリットを伝える
  悩みが解決出来るためには必要不可欠であることを分からせる。
6:値段を伝える
7:安全・安心を全力で伝える
8:契約手続き
どうでしょうか?
あなたの営業と照らし合わせてみてください。
商品の説明のタイミングが早すぎたり
そもそもの
相手リサーチが足りなかったりしていませんか?
それが足りないと
相手は必要としません。
モノを売る=親身になる。
ということなので
この順番を守って一度
見直して欲しいです。
結果がでるやり方になるので
一ケ月続けて頂ければ
周りは認めます。
それまでは
やり続けてください。
契約ではなく
ブリッジまでであるのであれば
2番までを伝えて
興味付けだけしてあげれば
プレゼンターが
決めやすいので喜ばれます。
営業の9割は
アポで決まります。
プレゼンする前から
興味がある状態なのと
プレゼンで興味を持たせるのでは
はるかに結果が変わるので
営業で結果を出したければ
アポの質を大切にしていきましょう
6、あなたはなぜ、営業で悩んでいるのか、これからのあり方について
ここまで
読んでいただきありがとうございました
最後はあなた自身について
お伝えさせてください
なぜ、あなたは営業をしなければいけないのか?
ということです。
それは、
あなたが営業をしなければ
いけない理由があり
手段として
営業を選択しているからだと私は思います
ということは
それを
野心として
強くもっておくことが大事で
理由はなんでも
構わないです。
仕方なく営業の仕事になり
上司から言われるのが嫌だとか
35歳過ぎて転職できないから
留まるしかないから営業をやる
何でもいいと思います。
大事なのは
営業がよくなれば
あなた自身が何か変わると気づいていること
それを
忘れていけません。
私はこのレポートで
きっかけしか与えることができないのです。
はじめにも伝えましたが
逆転できる営業マニュアルは伝えています。
あなたがどれだけ
行動するかによって1ヵ月後の結果が
変わるのです。
あなた自身の
野心を大切にしこれからの営業で
成果をだし結果で、周りの社員を黙らせて行きましょう!
私はあなたの味方であり
これからのあなたを影ながら応援し続けたいと思います。
最後まで
読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)