花粉症ほか

Pocket

長年持病の鼻炎とお付き合いをしてきたため、2018年まで、自分が花粉症だと知りませんでした。2018年2月に、淡路町の耳鼻科で有名な病院に行き血液検査等をしたところ、1週間後に出た結果が陽性です。詳しくは、6段階評価でスギが1.5陽性、ヤケヒョウダニ&ハウスダストが2.5陽性、あとはゼロ(ヒノキ、かもがや、おおあわがえり、ぶたくさ、カンジダ、アルテルナリア、ネコ皮屑、イヌ皮屑、ゴキブリ等)というものでした。その病院で処方された「デザレックス」をシーズン中服用しましたが、特に効いた実感はなかった気がします。

今年2019年シーズン初めの3月に、いきつけの内科(ここで毎週プラセンタ1A打っています)で「アレグラ」を処方されました。日に2回服用、眠気は殆ど誘致しないというものです。またもや、目立った効果はありませんでした。(どうも、花粉症の薬も、インフルエンザ等と同様、服用初めより丸1ケ月くらい経過しないと効き目が現れないらしいですね。そのせいかも知れませんが)

アレグラ2週間分が終わったあと同じ内科にて、更に強い薬を所望し「フェキソフェナジン」錠を服用しはじめました。こちらは眠気は誘いますが、1日1回、就寝前に服用するもので、日中帯への影響はないとのことです。服用の効果というか、影響と考えられるのは、鼻づまりを起こすようになってしまいました。苦しい・・・しかし、くしゃみや鼻をかむ頻度は減った気もします・・・

これを書いている4月14日時点で、私のキャリアであるスギ花粉のピークは過ぎたらしいです。まだくしゃみも鼻水も根治しておりませんが、だいぶ楽になってきました。スギ花粉は、桜が散り終わるころまでが全盛期なのでしょうかね。そして平成はもうすぐ終わります。来年は、2月(バレンタインデー頃?)から何かしら花粉症治療薬を服用して備えようと思います。来年は相性の良い薬と運命の出会いがありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)