Pocket

渡辺直美さんは、1987年10月23日、台湾人の母親と日本人の父親の間に生まれたハーフで、台湾の台北、板橋(バンチャオ)の出身です。身長は157cm 所属事務所は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーです(吉本総合芸能学院(NSC)東京校12期卒業生)。幼少期にご両親が離婚をし日本の茨城県石岡市旭台付近に移住してきました。渡辺直美さんのお姉さまは現在でも台湾にいらっしゃるそうで、渡辺直美さんのブログやインスタにはツーショット写真が数多く掲載されています。渡辺直美さんも自身も頻繁に台湾に行き、台湾グルメ本まで出版をしました。

台湾人のお母様は日本語のわからない方だったようです。そのため、渡辺直美さんが流暢に日本語を操れるようになったのは、18歳で芸能界デビューしてから2~3年経過後であるなど、かなりのご苦労人であるようです。ファンを含めた一般人からは、「とんでもない努力家」と人間性も高く評価をされています。この背景には、渡辺直美さんは日本語があまり得意でなく、掛け合いも苦手、大喜利のお題が理解できなくても回答を考えるふりをする・・・などの苦しみがあったそうです。そんな中、「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さんからの運命的なアドバイスがあったそうです。その内容は、「お笑いの武器は言葉だけではない。自分に元々備わった武器を最大限に生かせ!」というものでした。その言葉にインスパイアされた渡辺直美さんは、2014年5月に3か月間の休養を取ってニューヨークに飛び、ダンスやショーの勉強をはじめます。渡辺直美さんのメンターが中田敦彦さんだったとは、意外でした!芸能の世界も奥が深いですね・・・・というか、一流の人たちは、その各々がもつ「波動」のせいで、一流同士繋がっているような気がします。

台湾人のお母様は、渡辺直美さんを月一で歯医者に通わせるなど、しつけに厳しい一面がある方でした。歯医者通いは見事に渡辺直美さんの美しい歯と芸能人スマイルに生かされており、見事な先見の明だと言わざるを得ません。一方で、テストで使う定規やコンパスを買ってくれないという別の意味で厳しい一面もあり、渡辺直美さんが高校の志望校3校にすべておちてしまったという残念なエピソードもあります。ですがそのおかげで、早くから芸能界に照準を合わせることができ、渡辺直美さんの成功に繋がったのですから、結果オーライ!というところですね!

渡辺直美さんは掃除が苦手なタイプで、定期的に清掃業者を呼んでいるそうです。なんと初回の掃除費用は100万超えだったらしいです。またお金の管理も苦手で、月収数百万円あるのですが、いつも給料日前には口座残高が2万円しか残っていないそうです。

2017年5月15日放送の音楽トークバラエティ番組「Momm!!」で、渡辺直美さんは「実家が全焼した」と告白をしました。出火の原因は2階にあったコンセントだったようです。火事は近所の方に深夜2:00頃発見されました。発見者である近所の方は、駐車場に車がなかったため直美さんのお母様が外出中と考えており、のちに炎の中からターミネーターばりに現れる直美さんのお母様をみて驚愕したそうです。出火した実家は近隣の家と離れていたため、2次被害はなしですみました。不幸中の幸いでした。

渡辺直美 風営の流出写真って?

https://www.instagram.com/p/BxbU-P2AHR6/?utm_source=ig_web_copy_link

渡辺直美さんは、過去風営の店での勤務経験があるそうです。しかしその事実がなぜ漏洩してしまったのでしょうか?

所属事務所の吉本興行は記事が出る前に、記事の一部を差し止めするよう、フラッシュ編集部に交渉をする予定でした。ですが、約束の時間に渡辺直美さんの担当者はフラッシュ編集部に現れず、記事はすべて掲載されてしまったそうです。

渡辺直美さんの担当者が約束の場所に来なかった経緯のほどは定かではありません。渡辺直美さん風営過去の件は一時注目を集めましたが、渦中の直美さん本人が弁解もネタにもせず正々堂々としていたため、もはや現在では何の問題でもなくなってしまっています。

渡辺直美さんがかつて風営店に提出した自筆の経歴書をみると、きれいな字で丁寧に書かれていて、経歴も「〇っパブ〇か月、〇メクラ〇か月」と詳細な履歴が書かれ、生真面目で誠実な渡辺直美さんの人柄が伺えました。

渡辺直美 体重を維持する食生活を探る

https://www.instagram.com/p/Bs2iP-OgsDp/?utm_source=ig_web_copy_link

渡辺直美さんは料理をほとんどしないそうで、食事は概ね外食か出前のどちらかだそうです。以前は一日8回食事をしていたのですが、今は一日5回まで減ったそうです。一回の量もものすごく、おかずの他に「チゲ鍋、うどん、ネギトロ丼」と「メインを3種」一気に食べたりするそうです。大好きな「唐揚げ」は、常にバッグの中に携帯しているそうです。自宅での出前は1回分で2万円を超えることもあるそうです。

渡辺直美さんは高校生になってから、芸能学校に通うためにアルバイトを始めたのがファミレスだったそうです(和食レストラン「夢庵」と言われています)。高校にはいかずに一日約8時間勤務し、吉本総合芸能学院(NSC)入学への資金を捻出しました。やはり苦労人です。アンケートでは顧客に必ず名前を書かれる超人気店員だったそうです。渡辺直美さんはなんとファミレスで働きだしてから体重が25kgも増えてしまったそうです!現在の体脂肪率は57%との噂です。しかし直美さんの親せきは誰も太っている方はおらず、直美さんが唯一のぽっちゃり体系だそうです。

アルバイト先ファミレスのまかない料理では、白いご飯は「チゲ鍋の器」に盛って食していたそうです。 アルバイト仲間からは「ナベ盛り」という造語を贈呈されていました。また、仕事中に食欲を抑えきれずトイレ掃除に行くふりをしてトイレでケーキを食べていた武勇伝もあります。実は渡辺直美さんは中学生時代は体重は43㎏だったようなのですね。そのころから体重は2倍とちょっと、ということになりますが、渡辺直美さんの体重増加のターニングポイントとなったのがこの、ファミレス時代のようです。人に歴史あり、ですね。また、2018年に亡くなった俳優の大杉漣さんとは仲良しで、訃報のショックから、更に食事の量が増しているという情報もあります。

アメリカ留学中の武勇伝は、和食の店に入りかき揚げうどんと親子丼を注文しようとしたところ、「お前は3日食べなくても大丈夫だ」といわれ、かき揚げうどんしか注文できなかったそうです・・・アメリカ恐るべし

辛いのが苦手な渡辺直美さんは、好物のチゲ鍋を食べる時に大量のマヨネーズを投入するそうです。そこに更に、好物のカキフライを投入し、衣が溶けてドロドロになった状態で食するのがオツとの事です。マヨ揚げフォンデュ、チゲ風味、試してみたくなりますね

仲良しのハリセンボン春奈さんと焼肉に行くときは、二人で10人前を食べるそうです もちろん、サイドオーダーつきで。渡辺直美さんが幼少のころ茨城県石岡市に移り住んだ当時は貧しく、切り抜きの料理の写真を見ながら、お米を炊いた白いご飯だけを食べていたといいます。茨城県石岡市は直美さんいわく、けんちんうどん、栗、干し芋、果物、食べ物がとてもおいしい土地だそうです。渡辺直美さんの現在の大好物はお肉で、肉の誘いは絶対に断らないそうです。お寿司で好きなネタは甘エビ、牡丹エビ、ウニだそうです。幼少のころは貧しかったですが、現在では成功し、5人前の焼肉、2万円の出前がデフォルトで注文できるようになった渡辺直美さん!本当に成功して、よかったです!

現在の渡辺直美さんは、自宅のタワーマンションでは全裸で過ごしているそうですね!お布団はリビングにあって、全裸で寝起きして、そのままご飯も食べているそうです。セクシー&ワイルドで、期待を裏切らない私生活ですね。

枚挙にいとまがない渡辺直美さんの武勇伝、これからはどのように更新されていくのでしょうか?今後の活躍にも、目が離せません!

 

 

渡辺直美は実家が台湾?風営写真流出って?体重を維持する食生活とは

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)