川島海荷の枕で卒業って?金髪時代や整形の件 前髪ぱっつんポニテ画像

Pocket

川島海荷さんは過去、嵐の大野智さん、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんなどとの熱愛が報じられたことがありました

そして2017年末、日本テレビ『ZIP!』総合司会だった川島海荷さんは週刊誌にてTBSテレビ制作局ドラマ制作部プロデューサーの男性との手つなぎデートを週刊誌にすっぱ抜かれました 『ZIP!』のライバル局である男性、しかも既婚者とのことで、本件は大きな波紋を呼ぶこととなります

ちなみに川島さんのタイプは、素直で自分の意思を持っていて、空気が読める大人な男性とのことです。

美人女優と不倫デートをするあたり、素直で自分の意思をもっているといえそうですが、空気が読める男性かは微妙ですね!

ところが本件は単純?な不倫ではないようで、どうも川島海荷さん所属のレプロエンタテイメントに、色々と黒い噂もつきまとっているようです

「正直、またレプロかという感じです。というのも、15年4月には能年玲奈(24/現・のん)の独立騒動があり、17年5月には清水富美加(22/現・千眼美子)も同じように独立騒動をおこしています。さらに1月13日発売の『フライデー』(講談社)がマギー(25)とHi‐STANDARD・横山健(48)の不倫を報じたもののマスコミは後追いせずネット上は炎上。直前に起こったベッキー(33)の不倫とは異なるメディアの扱いに不可解さが残りました」

周辺情報は、こんな感じです

「川島の密会発覚に関して、一部では”枕営業”を疑う声が上がっているのは事実です。というのも、人気漫画家の西原理恵子(52)が描いた『ダーリンは70歳』(小学館刊)の中に、夫・高須克弥院長(72)が枕接待を持ちかけられるシーンがある。高須は芸能プロ社長に何度も枕営業を持ちかけられるが断る。すると社長は”西原を若返られたような女性”を付けようとしたんです。それが19歳当時の清水富美加と、所属事務所社長のH氏だったのではないかと業界内で話題騒となった。真偽は不明ながら、西原氏がわざわざデタラメを描くとは考えにくく、一部ではタブー視されています」

何だかとてもリアリティーある話ですね・・・・本件は事務所の圧力等で追加記事が報じられることはありませんでした ところがその反作用というべきか、ネットは大炎上し、またライバル局社員との不倫疑惑ということで、日本テレビの幹部は大激怒のようです・・・

金髪時代や整形の件

若かりし頃の川島海荷さんです

https://www.instagram.com/p/BwGtGejngD0/?utm_source=ig_web_copy_link

比較的最近の、川島海荷さんです  「目頭を切開して二重にした」「涙袋をつくった」「歯列矯正をした」という説があります 実際のところはどうなのでしょうか?川島海荷さんは、朝のニュース番組『ZIP!』の撮影で早朝2:00に起床する毎日で、生活のリズムが狂ってしまったことが原因で、激太りをしてしまったそうです ストレスによる変化をはじめ、化粧の仕方や、まだ若く顔の骨格も成長していく過程であることから、全体的な顔の印象も変わってしまうのかもしれません、残念ながら、整形であるという確証は得られませんでした

前髪ぱっつんポニテ画像

こちらは2018年3月5日、米・ロサンゼルスで行われているアカデミー賞授賞式での川島海荷さんの画像です

 ヘアスタイルもハリウッドでマドンナやジジ・ハディッドらセレブを手掛けているアンディ・ルコンティがセット。髪を切らなくてもガラリとイメージを変えられるということで、超ロングのポニーテールと前髪のウィッグをチョイスし、滝のように流れるポニーテールが愛らしくエレガントな“ウォーター・フォール・ポニー”を作り上げました。川島さんは「鏡見ると自分じゃないと思っちゃうんです!」と感動した様子で、「今日はちょっとエレガントという言葉、似合いますかねえ」と少し不安そうにスタジオに問いかけると「似合いますよ、似合いますよねえ」と絶賛され、「やった~」と満面の笑みを見せていました。

美しいだけではなく、凛々しく品行方正な印象が強いですね!『ZIPの呪い』とか不穏な都市伝説は吹き飛ばして、これからも活躍して欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)