山口智子、旦那、唐沢寿明とのなれそめは?子供はいる?出身地はどこ

Pocket

山口智子、旦那、唐沢寿明とのなれそめは?

山口智子さんは31歳のとき、1995年12月に唐沢寿明さんと結婚しています。1988年、山口智子さんのデビュー作『純ちゃんの応援歌』でお2人は出会いました。お互いの第一印象は、身長170㎝の山口さんに対し唐沢さんは、「でかい女だな~と思った」らしく、山口さんは山口さんで、「すごく顔の小さい男だ」と感じたらしいです。

唐沢寿明さんは、仕事や演技についての山口智子さんの相談相手だったようです。当時はホテルの内線電話で主に会話をしていたとか?撮影が終わるころにはすでに交際モードだったようです。そこから結婚発表をするまでは実に7年という歳月を経ていますが、1992年に交際は発覚しています。何と、宅配業者を装った2人の男が山口さんマンションに押し入る・・という状況の中で、マンションに居合わせた唐沢寿明さんが助けに入り、交際が発覚することとなったようです。唐沢さんは一人で会見に臨み、「熱愛中なのですか!?」と迫る記者に、「もしそうなったら、よかったねと言ってください」とさらりとかわし、スマートさをみせつけました。

唐沢寿明さん、キムタクへのジェラシー説

1992年の交際発覚から、3年の歳月を経て、結婚へは何がトリガーとなったのでしょうか?一説には、「唐沢寿明さん、キムタクへのジェラシー説」があります。空前のヒットとなった山口智子さん&木村拓哉さん主演の「ロングバケーション」は1996年春にリリースされており、1995年は撮影も佳境でした。

View this post on Instagram

2019.10.03(四) 長假|北川悅吏子 ロングバケーション (1996) ⠀ 「你好,我是小南,東南西北的南!」 ⠀ 不管發生什麼事,小南的臉上總是掛著大大的微笑,好像天塌下來她也還是那麼樂觀,一見到人就是這句朝氣滿滿的問候語。很少能在電視劇裡面看到既討喜可愛,卻又真實得好像身邊真的會有這樣的人的角色,小南給我的感覺就是這樣的。 ⠀ 《長假》是1996年由木村拓哉和山口智子主演的經典日劇,當時播出創下了36.7%的超高收視率,也是富士月九的收視神話之一。都說「冬天看東愛,夏天看長假」,今年我在寒假看了《東京愛情故事》,暑假看了《長假》,確實感受到這兩部作品是在兩個相似的故事架構中的兩種極端,《東愛》給人的感覺就像冬天一樣唯美卻沉重,《長假》則給人像夏天一樣充滿活力又清爽的感覺。 ⠀ 婚禮當天未婚夫跑了、繼而丟了工作,小南本來可以是喪劇的標配女主,但是她開朗樂天的個性卻讓她成就了完全不一樣的人生。看到有人覺得小南的個性很討人厭,其實我能夠理解,如果是在現實中,小南這樣聒噪、一嗨起來就一發不可收拾的30歲女性確實很招人煩吧?(笑) ⠀ 《長假》裡的角色在個性上都有一些不討人喜歡的地方,小南太不會看臉色,經常不自覺把自己的想法強加在別人身上、瀨名對每個人都太溫柔又優柔寡斷,但我很喜歡《長假》的一點就在於這些角色雖然不見得很完美,但是他們卻都很有「責任感」。 ⠀ 我喜歡小南大剌剌的個性,但更喜歡的是她負責任的態度。印象最深刻的是她把杉崎的底片搞丟,就沿著站牌的垃圾桶找了一個晚上那場戲。很多女主角都會仗著被別人喜歡就無限上綱,小南雖然個性直率,但不管做什麼事都很負責任又認真,即使是自己做錯事也會馬上認錯道歉,很喜歡這樣子的個性。 ⠀ 我們或許很少人能夠像《東京愛情故事》裡的莉香那樣執著於追求「100%的愛情」,但是經過時間的磨練之後,我們或許都會成為小南。面對生活的不如意,我們會像小南那樣傷心難過、或許也會逃避,但在長長的假期結束後,最後仍然能帶著開朗的笑容繼續面對。 ⠀ 感謝在這個暑假的尾聲能夠與《長假》邂逅。今年其實是我的最後一個暑假,面對未來也有一些擔憂跟煩惱,所以在這樣的時間點遇到《長假》,真的就好像遇到了貴人指點迷津的感覺,透過《長假》好好地為自己充電了,萬分感謝。 ⠀ 《長假》確實是一個太美好的故事,或許有人會覺得瀨名跟小南都太天真爛漫了,但是我打從心底地喜歡這個故事。人總會有想要退縮的時候,我覺得《長假》就像是避風港一樣的存在,累的時候看這部劇就可以得到放鬆,然後在短暫的休息過後,再次邁開步伐向前進。 ⠀ Don’t worry, be happy. ⠀ 🎵久保田利伸-La La La Love Song ⠀ #經典日劇補看計畫 #長假 #悠長假期 #日劇 #電視劇 #木村拓哉 #山口智子 #松隆子 #稻森泉 #廣末涼子 #竹野內豐 #心得

A post shared by 拾光影劇評論工作室|維維安💡 (@a_piece_of_light_studio) on

実は、唐沢寿明さんの疑惑の裏付けとなるような事実もありました。あの有名なラストシーン、最終回での木村拓哉さん「一緒にボストンに行こう」のあとのキスシーンは、脚本にはないアドリブだったらしいのですね。北川 悦吏子さん曰く、「キスするとは書いていなかった、勝手にされた。」とのことで、実際脚本にも、「抱きしめる、そのあとにプロポーズ」ということになっています。

20年間、世界一幸せな山口智子さん

山口智子さんの結婚会見コメントには、「世界で1番幸せです」という伝説のワードがありました。それから結婚20周年の2015年に、山口さんは「自分が世界で1番幸せだと思う瞬間は、唐沢寿明さんとご飯を食べている時」と語り、伝説ワードを更新しました。20年もぶれないのは、素晴らしいです。1995年当時は、連ドラ高視聴率女王だった山口智子さんと唐沢寿明さんは、「格差婚」と揶揄されたこともありました。

唐沢寿明さんも唐沢寿明さんで、海外ロケにみんなで行った際、食事兼呑み会の席で唐突に、「あー、山口(智子)に会いて~!」と大きな声でいったそうで、その場にいた人は、思わず全員拍手をしてしまったそうです。松岡昌宏さんが、某番組で証言していました。

お子さんはいるの?

そんなお2人にお子さんはいらっしゃるのでしょうか?どうやら、いないようです。雑誌『FRaU』にて、山口さんは、「自分の育った環境から、血縁関係というのはあまり信用ができない、自分は”親”になりたくない、子供のいる人生とは違う人生を歩みたいと思った」という趣旨の発言をされています。色々な考え方の人がおられますが、自分の所感を率直に述べる山口智子さんは、凛々しいと思います。この発言は、賛同や勇気を、様々な立場の多くの人に与えたようでした。

山口智子さんの生い立ち

山口智子さんは、栃木県の江戸時代から続く旅館(鯉保・2005年に廃業)に生まれたそうです。家柄的には、松尾芭蕉を経済的にも支援した門弟「杉山杉風」の子孫だそうです。ご両親は旅館の仕事で忙しく、遊び相手はもっぱらお祖母さんだったようです。そして、小学校に入学するとすぐご両親が離婚したため、山口智子さんは母親に引き取られて妹さんと3人で長野県へ移ります。

しかし、お祖母さんのことが忘れられず、家出をして栃木県に戻ってしまいました。智子さんの気持ちを考えたご両親は、旅館の跡継ぎである父親に親権を移しました。この頃から、山口智子さんはお祖母さんを「お母さん」と呼ぶようになったそうです。

しかし、成長するにつれてある問題が発生します。お祖母さん、ご両親の苦労する姿を真近で見ていた智子さんは、「どうしても旅館を継ぎたくない」と考えるようになります。その思いが高じて、女優の道をめざすようになったそうです。

唐沢寿明さんにも複雑な過去あり

複雑な環境で育った山口智子さんですが、実は唐沢寿明さんの方も、幼少期より父親と不調和で、最終的に唐沢さんが高校を中退して役者を目指したことにより勘当された、という過去を持っています。ご両親もけんかが絶えず、母親に暴力を振るう父親を止めようとした唐沢さんに、母親が「家を出ていきなさい」と言ったとか。

これからの山口智子さん

一時は女優業をセーブしていた山口智子さんですが、2018年に木村拓哉さんと22年ぶりの共演を果たし、2019年以降も続々とドラマ・CMに出演されています。2016年に最愛のお祖母さんを96歳で見送られたことで、山口智子さんのなかで心境の変化があったのかもしれません。「素敵なおばあちゃんになるのが夢」と語った山口智子さん、これからも一ファンとして楽しみに見守っていきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)