高畑充希の結婚相手は坂口健太郎?親にも紹介済みな件

Pocket

高畑充希さんと坂口健太郎さんは交際期間が2年超におよび、現在は同じマンションの別々の階に住んでいるそうです。2017年に高畑充希さんのほうが、坂口さんの住むマンションに引っ越してきたそうなのですね。デートは「宅飲み」が多いそうです。お2人ともお酒好きなようです。

つい先日は、坂口健太郎さんは高畑充希さんを正式にご両親に紹介したそう。お2人のなれそめは2016年1月~月9の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いつ恋)や、2016年4月~NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん(平均視聴率22・8%!)」での共演のようです。

2016年の11月には2人の「熱愛」が日刊スポーツにスクープされました。この時取材陣から交際について質問されると高畑さんは、「う~ん、内緒です」と答えたそうで、周囲はかなりざわつきました。

2018年には、破局説もありました。お互い忙しすぎて、休みが合わず逢えない日が続いたり、坂口さんに女の影がちらついたり、高畑さんのほうがストレスを抱えてしまったという事情のようです。高畑充希さんの方も、ディズニー映画「シンデレラ(2015年)」吹き替えで知り合った俳優の城田優さんとたびたび噂になっていました。しかし城田さんのけんは、高畑さんは完否定してるんですね。

しかし、12月14日の高畑さんのバースデーに、大きなケーキの箱持参でマンションに赴く坂口さんの姿が目撃されるなど、元のサヤに収まったそうな。

坂口さんは常時未読LINEが50件近く溜まっていて、友人でも連絡をとりづらいタイプなんだそうです。マネージャーさんも坂口さんの性格に考慮して、各種締切を本来の日程より数日前に設定して知らせているようです(ちなみに坂口さん、血液型は公称O型となっています)。

高畑充希さんは東大阪市出身で、両親祖父母の元、一人っ子として育ったようですね。かなりのファザコンで、毎年バレンタインには手作りのチョコレートをプレゼントしているそうです。舞台好きな両親の影響で女優を志すようになりました。しかし、小学校より、舞台や芸能オーディションに10数回続けて落ちまくったとか。落ちたとはいえ、最終選考まで残ったりしていたそうで、勝算はあったようです。

そしてついに2005年、「山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使」オーディションで9621人の中からグランプリを勝ち取りました。15歳の時から6年間も、ミュージカル「ピーターパン」の主役を務めて芸能界の土台を築いていきます。

コブクロの小渕健太郎さんが、高畑充希さんの歌声を見初め、2007年6月に「みつき」名でプロデュースし歌手としてもデビューしました。また、NTTドコモCM「紅」で披露した歌声は、かわいい顔とギャップのあまりのパワフルさに、視聴者はおろか当のYOSHIKIさんもTwitterで「ビックリ。」と称賛していた模様です。

そんな高畑充希さんの映画主演は、2019年6月公開の『町田くんの世界』、同8月公開の『引っ越し大名!』、2020年公開予定の『ヲタクに恋は難しい』などが控えています。また芝居では、2019年4月上映予定の「奇跡の人(ヘレンケラーさんがモチーフですね)」のアニーサリバン役を務めます。

まさに旬な高畑充希さん、これからも公私ともに目が離せません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)