波留、本名とハーフの噂は?朝ドラの性格はそのまま?

Pocket

波瑠さんの本名は「山口麻有(やまぐち・まゆ)」さんという噂がありますが、真偽のほどは定かでないようです。

芸名:波瑠(デビュー時:南波瑠)

生年月日:1991年6月17日

出身地:東京都

血液型:O型

身長:164cm

所属事務所:ホリエージェンシー

 

出典:https://xn--u9jy52g4udo5wcq3a6fc.com/haru-honmyou/

波瑠さんは、足立区立第一中学校1年生の頃にあるアーティストのプロモーションビデオのオーディションに応募したところ、ホリプロ系列のホリエージェンシーにスカウトされました。ホリエージェンシーは、モデルが多く在籍する事務所です。

下記が中学時代の波留さんです。ちなみに、中学3年のときに波瑠さんは漢字検定2級に合格しているそうです。座右の銘は、「一視同仁」。

2007年に芸名「南波瑠」としてセブンティーンの専属モデルを務め、2012年にnon-noの専属モデルとなりました。

女優としては2006年ドラマ『対岸の彼女』(WOWOW)でデビューし、2007年に「恋のポロロン」で主演しています。当初は序盤で死ぬ役や、単なるエキストラが中心だったようです。2008年の「リアル鬼ごっこ」では、冒頭で電車に跳ね飛ばされて亡くなっています。

2009年には、CDデビューも果たしています。歌唱力には定評があるようです。

高校は日本橋女学館高校の芸術進学コース演劇コースだったそうです。いまでは、開智日本橋学園高等学校に、名称変更しています。

以前はロングヘアでしたが、2012年、波瑠さん21歳のとき、当時のnon-no編集長がショートカットにしてイメチェンすることを提案しました。

ショートカットにしたのち、NTTdocomoのCMに出演し話題となり、「A-studio」のアシスタントに抜擢されていきます。

ショートカットにしたあと爆発的に売れ始める例は、ほかにも剛力彩芽さんなどが同じだといわれていますね。

そして、2015年後期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインとして、広くその名を周知することとなりました。実はこの役を獲得するまでに波瑠さんは、「てっぱん」「純と愛」「あまちゃん」と、4回朝ドラオーディションにトライしたそうです。

ほかのすべてのオーディションも含めると、波瑠さんはゆうに200回もオーディションを経験しているそうです。意外に苦労人と言えます。

女優の仕事に関して、波瑠さんは、下記のようなコメントを残しています。

「ブレイクしたいのではなく長く女優を続けたい」

「正直に話すと楽しいと思ったことはない。好きだからこそ『大変だし、つらい』『もっとできるようになりたい、ならなくちゃ』と思う。」

家族構成は父親、母親、姉、そして波瑠さんの4人で、お姉さんとは非常に仲が良く、休日は食事や買い物を一緒にするそうです。波瑠さんはハーフ疑惑がありますが、お父様お母様も純正日本人で、ハーフではないようです。自宅は足立区北千住駅の近くだそうです。

出典:https://torigei.com/geisoku/haru/

波留さんの趣味は文房具や漫画を集めたり、刺しゅうの一種「刺し子」をしたりすることだそうです。漫画も趣味で、「めぞん一刻」「ぼくの地球を守って」がお気に入りだそうです。そんな自称「出不精」な波留さんです。

女優の山本美月さんとは漫画つながりで、仲良しだそうです。

波瑠さんは、周りからは「サバサバしている」「男前」と言われることが多いそうです。

「性格悪い」というコメントも多いようなのですが、理由としては、2017年に放送されたドラマ「あなたのことはそれほど」で不倫する妻役を演じた時に、そのあまりの悪女ぶりに、「嫌い、性格悪い」という風評が立ったようなのですね。

役柄の影響はこわいですね。当時は波瑠さん自身が、ネガティブな風評、書き込みに精神的に参ってしまったそうです。また、ネガティブな風評に対し、下記のようなコメントをのこし、再び炎上するというような負の連鎖となってしまいました。

「天罰が下る? なんだかんだうまく収まる?

どっちでもいいかな。自分とは関係ない夫婦のことだもの。

自分が傷つけたわけでもない人に、

それは間違いだとか、ひどいとか言われてもですし」

私は、自分が何か得をするためにこのお仕事をしてるつもりもないので、わかりやすい言葉で言うなら損の連続になったとしてもいいのです。苦しくてもがいた時間の中から、自分が何を見つけられるかが大事

かなり、内省的で、芯の強いお人柄だという事が窺えます。朝ドラの爽やかなイメージとは違う一面があるようですが、その正直な人間性が、仕事の関係者から信頼されているようです。

「あさが来た」大ヒットの陰で、波瑠さんに殺到する取材に、手を抜かず対応する姿は、共演者からみて非常に忍耐強いものだったそうです。「公平で、上に媚びず下を気遣う」ような人間性だったと、印象を語った取材記者もいました。そういう人間性が、実績を裏付けているのですね。

これからも波留さんを追いかけていきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)