熊切あさ美、過去元彼と結婚しなかった理由がやばい 愛之助と破局で現在は

Pocket

片岡愛之助さんが本命宣言、同棲へ

熊切あさ美さんと片岡愛之助さんはかつて、2012年「歌舞伎町はいすくーる」の撮影で知り合い、2013年2月には交際宣言をし、同年の夏から半同棲を開始したと言われています。

佐藤江梨子さんや元タカラジェンヌ愛原実花さんと浮名を流してきたモテ男の片岡愛之助さんのまさかの本命宣言に、当時世間は騒然となりました。

https://twitter.com/kenaiyaya/status/1226430743464665089?s=20

2014年1月に片岡愛之助さんが結婚についてのろけコメントを連発していることから、当時は結婚秒読みと目されていました。

 「まだ普通におつきあいしているだけですけど、うまくいけばいいですね」「皆さんのご想像にお任せします」

藤原紀香さんとの熱愛で破局へ

ところが2015年5月、片岡愛之助さんと女優の藤原紀香さんの熱愛が報じられます。
出典:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/31/kiji/20190531s00041000426000c.html
片岡愛之助さんは熊切あさ美さんとの交際について、3月に別れ話を切り出し、熊切さんは当初「いつまでも待ちます」と応じませんでしたが、その後「じゃあお任せします」と答え、片岡愛之助さんの中ではこの時に別れたものと認識していた、と語っています。
この後も、片岡愛之助さんは直接話そうと何度も電話をかけているが、熊切あさ美さんは一向に電話に出ない、というのが片岡愛之助さん側の主張です。
出典:https://entamejoker.com/24228.html

 一方の熊切あさ美さんは、

「別れ話になったことはない」「(同棲していた)部屋には片岡愛之助さんの荷物がある」「何が起こっているかわからない」

と双方の言い分は大きく食い違いました。(同棲していたマンションの家賃は、片岡愛之助さんが変わらず払い続けていたそうです)平行線を辿る中、2016年3月30日に片岡愛之助さんは藤原紀香さんと結婚してしまいました。
出典:https://asagei.biz/excerpt/5783
今まで何度も片岡愛之助に新しい女性ができたタイミングで、片岡愛之助さんと熊切あさ美さんの破局の危機はあったそうです。しかしその恋愛が終わると、片岡愛之助さんはまた熊切あさみさんの元に戻るという事を繰り返していたようで、熊切あさみさんはいつもの一巡の延長だ、と捉えてしまったのかもしれません。しかし、片岡愛之助さんは藤原紀香さんと結婚してしまいました。
 別れた本当の理由は謎のままですが、一説によると、熊切あさ美さんの過去の過激なグラビア活動や、歌舞伎鑑賞に茶髪とミニスカという目立つ姿で現れるなどの素行が、後援会から交際の猛反対にあった、というものがあります。
出典:https://www.news-postseven.com/archives/20150528_325614.html
また、交際発覚当時に、片岡愛之助さんの稽古の調子がよくなく、片岡愛之助さんの養父である片岡秀太郎さんが、「浮かれて芝居に身が入らないなら、もう会うのはおやめなさい」と叱責したともいわれています。
片岡秀太郎さんは、大阪町工場の長男だった片岡愛之助さんを、後継者として養子縁組し、一流の歌舞伎役者として育て上げた恩人です。その恩人の方から、イエローカードが出てしまったようです。

破局の原因は、ラブリンネイル?

また、片岡愛之助さん本人も、交際中に熊切あさ美さんが、片岡愛之助さんの本名(寛之)イニシャル“H”と自分のイニシャル“A”を入れたネイルを、ラブリンネイルとしてブログに公開していることに、やりすぎ感を感じていた、とも言われています。
出典:https://joshi-spa.jp/957609
名前:熊切 あさ美(本名 浅田 真子)
生年月日:1980年6月9日(ふたご座)
出身:東京都杉並区(その後浜松市、名古屋市、千葉県船橋市などで育つ)
最終学歴:浜松北高校(共学の県立高校、偏差値67~70)
身長:161cm 45㎏
血液型:B型
所属事務所:アーティストハウス・ピラミッド(以前はホリプロ等に所属)
活動期間:1998年~
経緯:高校時代から広末涼子さんに憧れ、スーパーでアルバイトをしてレッスン料を稼ぎながら、2年間に48回のオーディションに応募しました。高校3年生(1998年)の時、「チェキッ娘」オーディションに合格。1999年の「チェキッ娘」解散に伴いホリプロ所属となりますが、当時仕事・恋愛がうまくいかず、月給も¥45,000ほどで、引きこもりとなっていました。2002年に「METAMO」解散に伴い、話術形成のため仙台キャバクラで勤務するも、ホリプロにばれ東京に連れ戻されます(当時はNO1となり、客との結婚も考えていたそうです)。その後2002年頃より自ら、崖っぷちアイドルを標榜してポジションを得ていきます。特に、地方局を中心にレギュラーを得ていきます。(その後、ホリプロは2008年に退社しました)。
好きな言葉:「念ずれば花開く」(坂村真民さん)
資格等:プロ雀士(日本プロ麻雀協会第6期プロテストに合格)、ダイバー資格、スポーツカイトのインストラクター資格等
生い立ち
:父親は大手保険会社の会社員(転勤族)、3歳年下の妹(既婚でお子さんあり)。幼少時から、ピアノ、モダンバレエ、英会話などの習い事に勤しむお嬢様育ち
出典:https://entamejoker.com/24228.html
熊切あさ美さんは片岡愛之助さんとの交際前、2007年5月には、2歳年下で当時横浜ベイスターズの那須野巧さんとの交際が報じられました。当時交際2ケ月であることを明かしましたが、報道が白熱したことから、この交際は当月中に破局となってしまいました。
出典:https://news.livedoor.com/article/detail/15536082/

片岡愛之助さんとの破局後には、2016年8月に、プロ野球選手の山田哲人さんの自宅に通う熊切あさ美さんの姿がスクープされました。この時熊切あさ美さんは、「お友達の1人です」と交際を否定しました。

出典:https://full-count.jp/2019/11/07/post598349/

2016年11月に「しくじり先生(テレ朝)」に出演の際熊切あさ美さんはバラエティタレントとの3ヶ月間の交際を明かしました。熊切あさ美さんは、

「誰の本命にもなれず独りぼっちです」

と胸の内を明かしました。しかし、熊切あさ美さんの明かした交際中の所業が恐るべしもので、有名人との交際を秘匿しなければならないストレスから、
「彼の持ち物にこっそりサイン」「彼の家から着て帰った、彼の私服を着たり、彼の背番号が入った小物を身につけたりしてテレビに出演」
などの、匂わせのような行為がままあったそうです。また、
「結婚願望が強すぎて、妄想で子供は女の子と決め、子供服を買っていた」
というような面もあるらしく、こういった点がお相手からすると”重い”と取られてしまったのかもしれません。
出典:https://entamejoker.com/24228.html
ちなみに、2017年7月時点では、熊切あさ美さんは、「良かれと思って!」(フジ)出演時に、歴代交際相手の人数について「8人」と申告しています。また、このような発言も視聴者をドン引きさせました。
「手編みのセーターにハンドクリームを練り込んでいる」
これまでは恋愛関係で残念なことの多かった熊切あさ美さんですが、運動神経もよく特技も多く、芸能界でポジションを得るためのマーケティングセンスがありそうです。これからは恋愛に依存しすぎることは控えめにして、仕事でキレイでかわいい姿を見せてほしいです。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)