上野樹里、結婚した旦那は和田唱?平野レミとの嫁姑関係は

Pocket

2016年に「TRICERATOPS」和田唱さんと結婚

上野樹里さんは、「TRICERATOPS」のボーカル&ギター和田唱さんと、2016年5月26日に結婚しています。5月25日は上野樹里さんのお誕生日ですね。元々上野樹里さんは、TRICERATOPSファンで、中でも特に和田唱さんの大ファンだったそうです。和田唱さんは、「TRICERATOPS」のほぼすべての楽曲の作詞作曲を手掛けているそうです。印税すごそうです。

2015年の夏に開催された「TRICERATOPS」のライブに、友人の誘いで上野樹里さんが初めて参加したことが2人の馴れ初めのようです。ライブ終了後楽屋に挨拶に行った際、「TRICERATOPS」3人と上野樹里さんでグループLINEを組みました。和田唱さん以外の2人は既婚者だったこともあり、あくまで自然に和田唱さんの上野樹里さんの距離は縮まっていったようです。

https://twitter.com/juri_wada/status/1191910413912330240?s=20

ライブ中、和田唱さんが上野樹里さんのため、上野樹里さんが初めて買ったCDの曲「if」をサプライズでプレゼントするなどの経緯を経て、交際半年で結婚に至っています。プロポーズの言葉は、「君の好きな色と僕の好きな色を重ね描いていこう」という、和田唱さんが2013年にKis-My-Ft2の「SNOW DOMEの約束」に書いた歌詞の一部だそうです。

上野樹里さんは、1986年5月25日生まれで、1975年12月1日生まれの和田唄さんとは10歳以上の年齢の開きがあるのですね、。しかし上野樹里さんは、和田唄さんのことを、「ビビッとくるよりは、スッとなじむ感じ」と、相性のよさを語っていました。

結婚後も上野樹里さんはインタビューで、「2人だと急にご飯を食べたくなった時に誘う人に困らない、結婚ていいものだと思います」と答えていました。「スッとなじむ感じ」とはこういうことをいうのでしょうか。

交際後すぐに、週刊誌にデート現場をキャッチされているのですが、双方の事務所は「プライベートは本人に任せている」と否定せず、順調に交際→結婚への道のりとなっています。まさに自然体のお2人です。

和田唄さんは、1996年に林幸治さん、吉田佳史さんと「TRICERATOPS」を結成しています。、1999年に「GOING TO THE MOON」がポカリスエットCMに起用されたことをトリガーに、オリコンチャートTOP5、そしてその年には武道館ライブを行いました。

渋谷区出身/文化学院専門課程美術科卒業/血液型O型/身長171cmで、父親は映画監督の和田誠さん、母親が料理愛好家の平野レミさんです。父親の和田誠さんは、紙巻きたばこ「ハイライト」のデザインを担当された方だそうです。

芸能一家・上野樹里さんの卓抜な才能

上野樹里さんは、兵庫県加古川市出身/日の出高等学校通信科卒業/血液型A型/身長167cmで、上の姉はDJのDJ SAORIさん、下の姉はシンガーソングライターの上野まなさんです。上野樹里さん自身も、ピアノとサックスの演奏ができ、作詞作曲、引き語りもできるそうです。2001年に化粧品メーカー「クレアラシル」のイメージガールとしてデビューしました。2003年のNHK連続テレビ小説「てるてる家族」でヒロインの妹役を演じています。そして2006年、「のだめカンタービレ」に出演します。

https://twitter.com/juri_wada/status/1148618961593888768?s=20

上野樹里さんの芝居の才能は凄まじく、「てるてる家族」で上野樹里さんの才能にほれ込んだ岸谷五郎さんが、上野樹里さんの所属事務所ごと、芸能事務所「アミューズ」に吸収合併させた、という逸話があります。しかし、上野樹里さんの性格の方は天然で、その岸谷五朗さんは、「同じ動物かな?会話が最後まで成立しない」と語っています。

平野レミさんとの嫁姑関係は?

義母となる平野レミさんは、なんと上野樹里さんが女優だとしらなかったそうです!

「息子から女優さんと結婚するって聞いたけど、“きっと知らないから”ってなかなか名前を言わなかったのよ。やっと口を割って“上野樹里さん”って聞いたんだけど、やっぱり知らなかった(笑)」出典:https://www.jprime.jp/articles/-/16129

平野レミさんの祝辞はこちらです。

上野樹里さんには義理の姉となる、和田唱さんの弟さんの嫁、和田明日香さんがおります。平野レミさんはこう語ります。

「2人とも背もデカいし目もデカいし態度もデカいし。とにかく立派。こんなにいい娘がウチに来るなら、もっと息子を産めばよかったわ(笑)」出典:https://www.jprime.jp/articles/-/16129?page=2

和田唱さんは、「お腹がすいた~」といって、それで早く家に帰ってくるタイプなんだそうです。そのため、上野樹里さんも、家に早く帰ることが楽しくなったそうです。「お腹がすいたら家に帰る」という習慣は、平野レミさんの教育の賜物である気がします。素晴らしいです。

しかも、上野樹里さんの料理は、平野レミさんの料理と味が似ているそうです。

「あたしが作ったのかって味なのよね~。家族が食べ物でつながっている感じがする。長男の家を訪ねると、樹里ちゃんが“レミさん、お酒飲んでてね”と言ってくれて、手際よく料理を作ってくれるわ」

もちろんこれには、上野樹里さんが、平野レミさんの料理や、「特製レミだれ」を研究したことも理由にあるのかもしれませんが、「お腹がすいたら家に帰る」と平野レミさんに躾をされた和田唱さんと、平野レミさんと料理の味が似ている上野樹里さん。相性はかなりよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)