西野七瀬、本名、出身高校は?実家は金持ちで兄・母親もやばい?

西野七瀬、本名、出身高校は?実家は金持ちで兄・母親もやばい?

Pocket

デビュー前

本名はお父様の命名だった

西野七瀬さん(1994/5/25~)は大阪市平野区の出身です。実はお母様は「椎菜」と名付けたかったのですが、お父様の意見が尊重され、「七瀬」さんに落着したそうです。何でもお父様、「ななせまる」というあだ名まで命名しているそうです。

特技は「絵描き」

西野七瀬さんは絵が得意で、中学以降は、ご両親にプレゼントされた、タブレット(&MacBookAir)で描いており、小学生以前は、お父様にプレゼントされた万年筆で、広告の裏紙などに描いていたそうです。幼少期からタブレットや万年筆を愛用していることから、西野七瀬さんのご実家はお金持ちなのでは?と言われています。また、乃木坂46合格で頓挫しましたが、高校時代はフランス留学の計画もありました。そんなお父様は西野七瀬さんのコメントによると、ナイナイの岡村隆史さんに似ているそうです。

出典:http://gossip-topic.com/archives/11470

お母様の推薦で乃木坂46オーディション合格

高校2年生の時、乃木坂46・1期生オーディションにお母様の応募で38,934人の中から合格、2011年12月に単身上京し、日出高等学校(現:目黒日本大学付属高校)に転校します。オーディションでは、新垣結衣さんの「赤い糸」を歌って合格しました。

出典:https://resumedia.jp/15456.html

長吉西中学校のとき西野七瀬さんは、モデルオーディションに自己応募しますが、残念ながら、第三次審査で落選してしまったそうです。その後の進路で、お母様に看護師になるように勧められ、2010年4月に、看護コースのある大阪府立松原高等学校へ進学していた矢先の出来事でした。お母様、乃木坂46・1期生オーディションに「これは!」と思うものがあったのかもしれません。

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/3853

西野七瀬さんは、乃木坂46・1期生オーディションに応募したお母様の心理を、こう洞察しています。

高校になって環境が変わって、私の心境も楽になったけど、根本的な人格は変わらなかったんですよね。それがお母さんは心配で、状況を変えたかったんだと思います。

お兄様の勧めでバスケ部に入部

中学時代は、西野七瀬さんが「引っ込み思案」であることを心配したお兄様・西野太盛(にしのたいせい)さん(1992/1/10~)の勧めでバスケットボール部に入部します。

「お前みたいなやつはナメられるから部活に入れ。入るなら女バスがいいぞ」

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/3853

幼少期は西野七瀬さんはお兄様にゲームの相手をさせられ、こてんぱんに負けては「ゲームのコードを引っこ抜いて泣いて逃げた」そうです。

暗黒の中学時代

しかし、「わざとぶつかってきた」など部活メンバーに言いがかりをつけられいじめに遭い、夏休み明けの2学期に退部してしまいます。この頃はクラスでも友達がいなく、休み時間は話しかけられないように寝たふりをするという、暗黒時代だったそうです。

元カレの俗説

高校生になった2011年3月、西野七瀬さんの個人ブログに意味深な書き込みがされていました。

出典:https://geinou-yakyu-sokuho.com/6805.html

「mughita」は、西野七瀬さんの愛犬の名前だそうです。この書き込みは、現在は削除されています。これも中学時代のいじめの名残なのでしょうか?

2014年12月には、西野七瀬さんの中1からの彼氏は「ふーちゃん(伏見あきおさん)」だという通説が流れました。

高校はダンスとバイト三昧

大阪府立松原高等学校在学中は、マクドナルドのバイトと部活のダンス部に明け暮れる日々だったそうです。マクドナルドではバイト中に、男性に電話番号を渡されることがしょっちゅうで、モテモテだったそうです。

高校時代ダンス部に打ち込んでいたのは、のちの乃木坂46となる片鱗が窺えます。

出典:https://resumedia.jp/15456.html

当時のプリクラで、西野七瀬さんの左手薬指に指輪がついているのが気になりますが、自分で買ったのかもしれません?

デビュー後

のっけから乃木坂46選抜メンバー

乃木坂46ジョイン後は、1stシングル「ぐるぐるカーテン(2012年2月)」のっけから選抜メンバーとなり、Girls Award2012では白石麻衣さんと共にランウェイを歩きます。西野七瀬さんは絵が得意で、2013年には西野七瀬さんの生み出したオリジナルキャラ「どいやさん」がキディランド等で店頭販売されます。

出典:https://ami-diary.net/

失意の、「福神離脱」

3rdシングル「走れ!Bicycle(2012年8月)」からは、7福神(中心メンバー)に選抜されます。しかし4枚目の「制服のマネキン(2012年12月)」で、大学受験のために休業していた秋元真夏さんが、フェリス女学院大学・文学部・英語英米文学科に入学して乃木坂46に復帰すると、7福神は8福神に拡大。秋元真夏さんと入れ替わるような形で西野七瀬さんは福神から外されます。西野七瀬さんは失意のため一時は大阪に帰還することも考えたそうです。

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/3853

センター奪取と快進撃

2014年2月頃に西野七瀬さんと秋元真夏さんの確執は払しょくされ、今ではとても仲がよいそうです。8枚目のシングル「気づいたら片思い(2014)」で初めて、西野七瀬さんはセンターに選ばれました。その際のヒット祈願のためのマカオバンジーは、ファンを熱狂させました。「人見知りでよく泣く」イメージの西野七瀬さんが、新天地をみせたきっかけとなりました。

発売と共に写真集部門1位

2015年、ソロでのファースト写真集「普段着(幻冬舎)」は、初週売上3,6万部の成績で写真集部門1位を飾り、直前に発売した白石麻衣さんの写真集を抜く凄まじい勢いでした。

出典:https://www.amazon.co.jp/

その後、「nonno(集英社)」の専属モデルとなり、2018年テレ東の土ドラ「電影少女」で主役を演じ、押しも押されぬ不動の地位を獲得していきます。

2018年大晦日に放送された「紅白歌合戦」では、乃木坂46として最後の出場となる西野七瀬さんに、お母様からこんなメッセージが送られました。

「17歳で実家の大阪を離れて、本当はすごく寂しかったです。でも、私達に心配をかけないよう、いつも良い報告だけをしてくれた心遣いはありがとう。最後の紅白、悔いなく、笑顔でステージに立ってください」

卒業コンサートに10万人動員

2019年2月24日開催の卒業コンサート「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」最終公演をもって、西野七瀬さんは乃木坂46の全活動を終了しました。この最終公演日当日は、全国218館の映画館などでのライブビューイングも含めると、10万人もの動員がありました。

お兄様とWで芸能界活躍

西野七瀬さんのお兄様、西野太盛(にしの たいせい)さんは進学を機に上京した際、雑誌の取材を受け、それがきっかけでデビューに至っております。雑誌「street Jack」専属モデル(2014-2016)、声優などで、幅広く活躍しています。「street Jack」専属モデルチームとして、アマチュアサッカー「F5WC」メンバーで国際大会準決勝まで進んだ歴史もあります。

ご本人のTwitterコメントを拝見するに、飾らない人柄が窺えて好感がもてます。

西野太盛(にしの たいせい)さんは、帝京大学に在学していたと言われています。Twitterのコメントに、「母校帝京」という文言があったため、発覚しました。西野七瀬さんとお兄様は一時は疎遠で、「何をしてるかもお母様を通して知る」関係だったそうですが、西野七瀬さんが乃木坂46にジョインして上京するころから仲良くなったそうです。

出典:http://gossip-topic.com/archives/11470

これからも兄弟で、西野七瀬さんを応援していきます!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)