宮﨑 あおい、実家は母子家庭で兄は元俳優だった!改名の真相は?

Pocket

経歴

宮﨑 あおい(みやざき あおい;1985/11/30~)さんは東京都杉並区出身の女優さんで、西東京市内の、地下1F、地上3F建ての分譲ビルで育っています。身長は163㎝で、血液型はO型との情報です。所属事務所はヒラタインターナショナルです。実のお兄様が以前俳優をしていた宮﨑将さんです。

 

本名について

「宮﨑 あおい」さんは本名なのですが、元々はデビューした中学生時代から芸名で「宮崎 あおい」を用いており、2005年(20歳)から本名の「宮﨑 あおい」に戻った経緯があるそうです。

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/208

ご本名の「宮﨑 あおい」さんは姓名判断の総画31画で占い的には大大吉、芸名の「宮崎 あおい」さんは姓名判断の総画30画で占い的には凶のようです。

出典:https://trendnews.tokyo/?p=11276

経緯から推察すると、元々は一般的な方の「宮崎」を芸名に用いてみたが、使い分けが面倒くさいのと画数もよくないのに気づいて戻した、というところでしょうか?

出典:https://yumeijinhensachi.com/archives/208

宮崎あおいさんが中学校に上がられる1997年頃より、女優として役名が頂けるようになったそうで、名前占いというのもあながちばかにできないのかもしれませんね。

出典:https://trendnews.tokyo/?p=11276

生い立ち

宮﨑 あおいさんの生い立ちは、お父様、お母様、お兄様と妹さん、の5人家族で、3兄弟の中間子ということとなります。宮﨑 あおいさんが10代の頃、ご両親は離婚しており、立川で不動産業を営んでいたお父様とは2007年に離別しています。

元俳優の兄

宮﨑 あおいさんの2歳年上のお兄様宮﨑将さんは、1999年に俳優としてデビューし、現在の宮﨑 あおいさんと同じヒラタインターナショナルに所属しておりました。当時、現在の宮﨑 あおいさんと同じマネージャーさんがついていたそうです。

出典:https://korokore.com/miyazaki-aoi/

『EUREKA(ユリイカ)』『理由』『初恋』などの作品で、宮﨑 あおいさんとの兄妹役で兄妹共演を果たしています。『世界の中心で、愛をさけぶ(2004)』などの有名作品にも出演していました。かつて、妹である宮﨑 あおいさんよりもご自身の方が役者としての資質にすぐれている、という発言をされたことがあり、かなりの自信があったようです。

出典:https://grapee.jp/855960

お兄様宮﨑将さんは、現在は実業家としてファッションEC『CAMBIO[カンビオ]』の経営に携わっているそうです。お兄様宮﨑将さんは、自身の芸能人としての知名度を活用することなく、事業を成功させたいというお考えのようです。

出典:https://poccyary.com/archives/859

ステージママな母

宮﨑 あおいさんのお母様はフィリピンの方だと言われております。宮崎あおいさんの、愛嬌のある美貌はフィリピンの縁といわれてもさもありなんという印象を受けます。お母様が宮﨑家のキーパーソンのようで、お母様の『思い出に残るように』という考えから宮﨑 あおいさんはオーディションに臨みます。4歳の頃より子役デビューを果たし、サントリーや旭化成など大手のCMにも出演するようになりました。しかしこの頃は未だ大きな役はきませんでした。当時は未だ幼かった宮﨑 あおいさんは、お母様を恨むこともあったそうです。しかし今では、お母様に感謝をしているそうです。

不動産社長の父

宮﨑 あおいさんが10代の頃、ご両親は離婚しており、立川で不動産業を営んでいたお父様とは2007年に離別しています。経緯からすると、元々立川で不動産業を営んでいたお父様の元裕福な家庭でしたが、奇しくも2006年以降宮﨑 あおいさんが売れ始める頃を機に、家族は離別の道を辿っているようです。

宮﨑 あおいさんのお父様は、離婚を機に子供達とは離別しましたが、今でも陰ながら子供たちを見守っており、連絡も取り合っているそうです。宮﨑 あおいさんのお子、自身のお孫さんの誕生にも非常に喜んでいるそうです。

宮﨑 あおいさんのお父様は非常に口が堅く、芸能・マスコミ関係者に簡単にプライベートを明かすことはしないそうです。本業の方でも、社会的信用を得ている方なのでしょう。自身が経営者であり、プライベート情報を本業の糧としない姿勢は、息子の宮﨑将さんとそっくりですね。よい意味で血が争えません。

 

まとめ

宮﨑 あおいさんは2021年、夫の岡田准一さんが建てた、世田谷区内で坪単価約200万と言われる、富士山を臨む高台の、最寄駅から徒歩20分の230坪の土地に、有名建築家中村拓志さんが設計した、地上2F、地下1Fの延べ床面積400㎡の家で、お母様にサポートしてもらいながら女優業と子育てを両立させているそうです。これからも宮﨑 あおいさんに注目していきます!

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)